藤田 弥世 (FUJITA, Hiroyo) D3

2017.4.25更新
fujita.hiroyo.64ratst.kyoto-u.ac.jp

研究領域

人は他者と相対した際,例えば人種や性別,年齢といったカテゴリーを瞬時に判断し,そうしたカテゴリーについて自身の持つステレオタイプや偏見を適用して他者を判断することがあります。そして,その適用強度には個人差があると言われています。
こうしたステレオタイプや偏見の適用がどのようなメカニズムで生じるのか,また,適用強度の個人差を支える要因は何か,そして,その個人差が後の対人間交流にどのような影響を与えるのか。
こうした問題について,遺伝子×脳活動×環境の相互作用の観点から検討していきたいと思っております。

研究業績

論文
【査読あり】
  • 日道俊之・小山内秀和・後藤祟志・藤田弥世・河村悠太・Mark H. Davis・野村理朗. (2017). 日本語版対人反応性指標の作成. 心理学研究. [査読有]
    DOI: doi.org/10.4992/jjpsy.88.15218
  • Himichi, T., Fujita, H., Nomura, M. (2015). Negative emotions impact lateral prefrontal cortex activation during theory of mind: An fNIRS study. Social Neuroscience.
  • Ogihara,Y., Fujita, H., Tominaga, H., Ishigaki, S., Kashimoto, T., Takahashi, A., Toyohara, K., and Uchida, Y. (2015). Are common names becoming less common? The rise in uniqueness and individualism in Japan. Frontiers in Psychology.
学会発表
  • Fujita, H., & Nomura, M. (2016). COMT Gene Polymorphism and Prefrontal Cortex Activity Affect Individual Difference in Racial Categorization Threshold. The 23rd Congress of the International Association for Cross-Cultural Psychology, Nagoya, Japan. July 31-Aug 3.
  • Himichi, T., Osanai, H., Goto, T., Fujita, H., Kawamura, Y., Nomura, M. (2016). Relationships between mindfulness and empathy. The 31st International Congress of Psychology, Yokohama, Japan. July 24-29.
  • 日道俊之, 小山内秀和, 後藤崇志, 藤田弥世, 河村悠太, 野村理朗. (2016). 日本語版対人反応性指標の性別による測定不変性の検討, 日本社会心理学会第57回大会, 関西学院大学, 2016年9月17-18日.
  • 藤田弥世・日道俊之・野村理朗. (2013). 妬み情動が注意バイアスに及ぼす影響―空間手がかり課題及びfNIRSを用いた認知神経科学的検討. 日本心理学会第77回大会, 札幌コンベンションセンター.
  • 日道俊之・藤田弥世・野村理朗. (2013). 心的ストレスが他者の心的状態の推測へ及ぼす影響―fNIRSを用いた認知神経科学的検討. 日本心理学会第77回大会, 札幌コンベンションセンター.
  • 日道俊之・藤田弥世・野村理朗 (2013). 他者の心的状態の推測に対するオキシトシン受容体遺伝子多型及び心的ストレスの影響.日本社会心理学会第54回大会, 沖縄国際大学.
  • Hiroyo Fujita, Toshiyuki Himichi, Rob Jenkins, Michio Nomura. (2014). Envy decreases attention to sadness. The 15th Annual Meeting of Society for Personality and Social Psychology, Austin, USA.
  • Himichi, T., Fujita, H., Kaneko, M., Nomura, J., Okuma, Y., Nomura, Y., & Nomura, M. (2014). Effects of oxytocin receptor gene polymorphism and psychological stress on cognitive inferring of other’s mind. The 15th Annual Meeting of Society for Personality and Social Psychology, Austin, USA.
  • Fujita, H., Himichi, T., Nomura, M. (2015). Relationship between racial essentialism disposition, empathy and genetics. The 16th Annual Meeting of Society for Personality and Social Psychology, Long Beach, USA.
  • 藤田弥世・野村理朗. (2015). 本質主義は人種カテゴリー判断の個人差に影響するのか?―fNIRSを用いた認知神経科学的検討. 日本心理学会第79回大会, 名古屋国際会議場.
  • 藤田弥世・野村理朗. (2015). Racial essentialism尺度の作成と関連する諸要因の検討. 日本社会心理学会第56回大会, 東京女子大学.
  • 日道俊之・小山内秀和・後藤祟志・藤田弥世・河村悠太・Mark H. Davis・野村理朗. (2015). Development of the Interpersonal Reactivity Index in Japanese. 日本心理学会第79回大会, 名古屋国際会議場.
  • 日道俊之・藤田弥世・枡田恵・河村悠太・平岡大樹・野村理朗. (2015). 他者の心的状態の推測に対する不快感情の効果の領域固有性― 近赤外分光法を用いた認知神経科学的検討 ― 日本社会心理学会第56回大会, 東京女子大学.
  • Fujita, H., Nomura, M. (2016). Does Essentialism Affect Individual Differences in Racial Categorization Threshold? The 17th Annual Meeting of Society for Personality and Social Psychology, San Diego, USA.