西山 慧(NISHIYAMA, Satoru) M2

2017.7.5更新
nishiyama.satoru.73zatst.kyoto-u.ac.jp

研究領域

記憶の抑制について、そのメカニズムや、記憶機能に及ぼす影響、記憶以外の認知機能に及ぼす影響を明らかにすることを目的に研究しています。

研究業績

論文
【学位論文】
  • 西山慧 (2016). 意図的な想起の抑制が注意選好に及ぼす影響. 京都大学教育学部卒業論文 (未刊行).
学会発表
【ポスター発表(査読有り・第一著者)】
  • Nishiyama, S., & Saito, S. (2017). Aftereffect of retrieval stopping: Evidence from a dot-probe task. January Meeting of Experimental Psychology Society, January, 4-6.
  • Nishiyama, S., & Saito, S. (2017). Does suppressing a memory item facilitate retrieval of another item? International Convention of Psychological Science, March, 23-25.
  • Nishiyama, S., & Saito, S. (2017). Resolving Interference by Inhibition: An investigation with category-based retrieval after the Think/No-Think procedure. 20th Conference of the European Society for Cognitive Psychology, September, 3-6.
【ポスター発表(査読無し・第二著者以降)】
  • 梶村昇吾・猪原敬介・内海彰・岡隆之介・柳岡開地・平岡大樹・西山慧・野村理朗. (2015). 言語産出における認知制御と不安傾向との関連, 日本社会心理学会第56回大会, 東京女子大学, 10月31-11月1日.
その他
【受賞歴】
  • Nishiyama, S. (2017) International Convention of Psychological Science Travel Grants, March, 23-25.
【職歴】
  • 京都大学教育学部 教育心理学実習 TA 2016.4-
    京都大学教育学部 情報学Ⅰ・Ⅱ TA 2016.4-
    京都大学学術情報メディアセンター TA 2016.10-
    京都大学教育学部 教育研究入門Ⅰ TA 2017.4-