田中 哲平 (TANAKA, Teppei) 研究員

2014.1.27更新
tanaka.teppei.37aatst.kyoto-u.ac.jp

研究領域

私たちはなぜ「文」を「読む」ことが可能なのか、という点に関心があります。ワーキングメモリ課題を用いて、文の読解中や記銘単語の再生時に、どのような心の働きが起こっているかを検討しています。目下の研究対象は「処理された文の意味表象が検索過程に及ぼす影響」です。

研究業績

著書
  • Saito, S., & Tanaka, T. (2010). The visualization of eye movements during reading: An approach to psychological science. In H. Westgeest, L. Ma, O. Martinez Mozos, J. Miguel Oliveira, M. Rodrigo Gracia, & C. Siahaya-Van Nierop (Eds.), Making Research Visible to the World (Pp. 68-72), Amstelveen, Netherlands: Canon Foundation in Europe.
論文
【学位論文】
  • 田中哲平 (2006). ワーキングメモリの個人差とリーディングスパンテスト成績の関係 ―単語の頻度及び単語へのフォーカスからの検討―. 信州大学人文学部卒業論文(未公刊).
  • 田中哲平 (2009). ワーキングメモリ課題遂行時の検索過程の解明 ―リーディングピリオド課題を用いた検討―. 京都大学大学院教育学研究科修士論文(未公刊).
学会発表
【口頭発表】
  • 小島隆次・深田智・田中哲平・杉本匡史. (2013). 絵本読者の視座・視線に本文が及ぼす影響―絵本『しろいうさぎとくろいうさぎ』を用いた眼球運動測定による検討―. 日本認知心理学会第11回大会,つくば国際会議場,6月29日~30日.
  • 田中哲平・齊藤智・菊池聡 (2008). リーディングスパン・テスト 再生再構成仮説の検証 ―文の表象がターゲット語の再生に及ぼす影響―. 日本ワーキングメモリ学会第5回大会. Kyoto, Japan. March.
  • 田中哲平・齊藤智・Towse, J. N. (2009). ワーキングメモリ課題における検索過程を単語の再生時間分析によって調べる. 日本ワーキングメモリ学会第6回大会. Kyoto, Japan. March.
【ポスター発表】
  • Teppei Tanaka, Takatsugu Kojima, & Satoru Saito. (2014). The effect of highlight markers on relocation processes in text reading: An eye tracking study. Experimental Psychological Society London Meeting, University of College London, UK, January 9 - 10.
  • Tanaka, T., Tanida, Y., Sugimoto, M., Tsunemi, K., Shinoda, A., Yasuda, H., Kuzuguchi, A. & Saito, S. (2011). The role of domain-general working memory in text reading: An eye tracking study. ESCOP 2011, 17th Meeting of the European Society for Cognitive Psychology. Donostia- San Sebastián, Spain. October.
  • Tanaka, T., Tanida, Y., Kuzuguchi A., & Saito, S. (2010). Relocating previously presented information during text reading: An eye tracking analysis. The 27th British Psychological Society Cognitive Psychology Section Annual Conference. Cardiff, UK. September.
  • Tanaka, T., Tanida, Y., Kuzuguchi, A., & Saito, S. (2010). The examination of working memory representations with eye movement analysis: A preliminary study. The 8th Tsukuba International Conference on Memory. Tsukuba, Japan. March.
  • Tanaka, T., Saito, S., & Towse, J. N. (2009). The nature of retrieval processes in a reading period task: Evidence for the recall reconstruction hypothesis of working memory. The 26th British Psychological Society Cognitive Psychology Section Annual Conference. Hertfordshire, UK. September.
  • 田中哲平・谷田勇樹・杉本匡史・常深浩平・篠田亜美・安田帆那・葛口彩・齊藤智 (2011). 文章読解後の人物同定課題における作動記憶の個人差の影響. 日本認知心理学会第9回大会. 発表論文集pp.59. 東京(学習院大学), 日本, 5月
  • 田中哲平・谷田勇樹・齊藤智 (2010). 文章読解における作動記憶の役割 ―視線運動の分析を用いて―. 日本心理学会第74回大会. 発表論文集. pp. 817. Osaka, Japan. September.
  • 前原由喜夫・田中哲平・栗田季佳・本間涼子・龍輪飛鳥・齊藤智 (2010). 協同課題の解決における制御行動の量的側面の検討. 日本心理学会第74回大会. 発表論文集. pp. 861. Osaka, Japan. September.
  • 田中哲平・齊藤智 (2009). ワーキングメモリ課題の意味的表象と記銘方略. 日本認知心理学会第7回大会. 発表論文集. pp. xx. Rikkyo-University, Saitama, Japan. July.
  • 前原由喜夫・龍輪飛鳥・田中哲平・栗田季佳・本間涼子・齊藤智 (2009). 協同課題の解決における制御行動と共感性との関係. 日本心理学会第73回大会. 発表論文集. pp. 846. Ritsumeikan-University, Japan. August.
  • 田中哲平・齊藤智・Towse, J. N. (2008). リーディングピリオド課題を用いた再生再構成仮説の検討 ―刺激文とターゲット語の意味的関連性の影響―. 日本認知心理学会第6回大会. 発表論文集. pp. 57. Chiba, Japan. May.
  • 田中哲平・齊藤智 (2008). 作動記憶ピリオドの特徴. 日本心理学会第72回大会. 発表論文集. pp. 903. Hokkaido, Japan. September.
【ワークショップ】
  • Saito, S., Tanaka, T., & Towse, J. N. (2008). The endurance of working memory as a measure of working memory capacity. Poster presented at the Fourth European Working Memory Workshop (EWOMS 4). Bristol, UK. September.
その他
  • 田中哲平. (2013). 研究課題「外的な手がかりが読み返しに及ぼす影響を眼球運動測定で探る」. 博報財団第8回児童教育実践についての研究助成事業,2013年4月1日~2014年3月31日.
  • 日本学術振興会特別研究員(DC2). 2011年4月~2013年3月. 研究課題「文章読解におけるワーキングメモリの働きを視線運動分析で探る」.
  • 京都大学グローバルCOEプログラム「心が活きる教育のための国際的拠点」(大学院生養成プログラム研究費). 2010年4月~2011年3月. 研究課題「作動記憶の個人差が文章読解場面における検索過程に与える影響 ―視線運動の分析を用いた検討―」.
  • 京都大学教育学部同窓会「京友会」(研究助成 ―国際研究集会部門―). 2009年6月~2010年5月. 研究課題 “The nature of retrieval processes in a reading period task: a recall timing analysis”.