ブラウンバック・セミナー(BBS)

水曜日 12:0−14:30 

場所:吉田南1号館共22 MAP

対象:院生および3,4回生

内容:What's new?     1週間の研究進展の報告

       Journal club:     論文紹介 最新の海外雑誌論文の紹介:Psycho ReviewJEEPM&Cなど最新号の重要論文を紹介する

    Progress report:研究発表 各自の研究のプラン,結果などの報告,討論

研究志向の開かれたセミナーです.会の名称は昼食をとりながら開催しているためです.参加希望者は楠見まで連絡をください.

 

2008年度の記録  2007年度の記録    2006年度の記録   2005年度の記録   2004年度の記録   2003年度の記録   2002年度の記録  2001年度の記録

 

10−3月日程表(斜字は関連行事)

 

月日

発表者

タイトル

10/7

 

日本社会心理学会リハ

10/10-12

日本社会心理学会第50回大会 大阪大学吹田キャンパス  

10/14 猪原

文献紹介:Rapp, David N.; Taylor, Holly  Interactive Dimensions in the Construction of Mental Representations for Text Journal of Experimental Psychology: Learning, Memory, and Cognition, Volume 30(5), September 2004, p988-1001 レジメ PDF

10/21 栗田 Progress report: Ambivalent attitude toward people with disabilities
Joonha Progress report: What do lay theories of what it means to be human tell our everyday psychology?
10/28 杉本 研究発表:空間メンタルモデルにおける個人差の要因
荻原 研究発表:対人関係におけるコントロール方略が精神的健康に及ぼす影響
11/4 唐牛 研究発表:ステレオタイプ脅威現象における非言語シグナルの役割

11/11

鍋田,井関 Psychonomic学会等リハ
博士論文発表:比喩理解における解釈多様性と身体化認知

11/18-24

Psychonomic&SJDM

11/25

岡田 研究発表:社会的勢力が接近ー回避傾向に及ぼす影響
土屋
文献紹介:Dunlosky, Rawson and McDonald (2002) Influence of practce tests on the accuracy of predicting memory performance for paired associates, sentences, and text material. Perfect, T.J. and Schwartz, B.L.(Eds.) Applied Metacognition. Cambridge University Press

12/2

後藤 研究発表:自己制御の失敗による後悔の時間的変化
森本 早稲田大学主催の若手国際シンポのリハEffect of Trustfulness on Evaluation of Punishment Behavior 

12/9

Kirk 文献紹介:Not just fun, but serious strategies: Using meta-cognitive strategies in game-based learning. Bokyeong Kim, Hyungsung Park and Youngkyun Baek Computers & Education, Volume 52, Issue 4, May 2009, Pages 800-810 [handout]
常深 研究発表:物語長文読解中の自伝的記憶の関与―発話思考法による検討の試み

12/16-18

杉浦義典先生集中講義  

1/13 井関 研究発表:談話焦点における 焦点情報と非焦点情報の処理の違い
鍋田 研究発表:テストの形式が感情語の虚偽記憶に与える影響
1/20 小宮,唐牛,栗田 学会リハ(1/28 SPSP
Joonha Progress report:How Humans Unique? Human uniqueness and perceptions about animals in Japan

2/24

モンゴメリー博士(オーストラリア心理学会長)GCOE幸福感講演会

3/15 米田 ノースウェスタン大学での研究プロジェクト   総合研究2号館1階(南側玄関ホール左) 教育学部第2演習室

 

4−9月日程表(斜字は関連行事)

 

月日

発表者

タイトル

4/8

楠見

キックオフミーティング 研究の進め方

4/15 小宮 研究発表:加齢と後悔−インターネット調査を用いた検討
4/22 近岡 論文紹介:E Vul, C Harris, P Winkielman, H Pashler, C Baker,(2008) Voodoo Correlations in Social Neuroscience  Perspectives on Psychological Science http://www.pashler.com/Articles/Vul_etal_2008inpress.pdf レジメ
井関 研究発表:学習のメディアとしての物語:談話焦点と物語構造に基づく最適学習条件の探索
5/13 荻原 卒論計画:対人関係におけるコントロール方略が精神的健康に及ぼす影響
常深 研究発表:状況モデルの個人的側面:探索的検討
5/20 杉本 卒論計画:空間メンタルモデルにおける個人差の要因
森本 発表リハ:“Warning-type” punishers are preferred by altruists while they are avoided by free-riders.
5/27 栗田 修論計画:障害者に対する両価的ステレオタイプ
猪原 研究計画:因果的推論の心理モデルとしてのPrediction algorismの検討

6/3

研究発表:比喩の解釈と面白さの関係
鍋田 発表リハ:False memory occurs as an episodic memory: Context-dependent effect of false recognition in DRM procedure

6/10

平山 博論構想:批判的思考の態度および能力の役割と育成
土屋 研究計画:批判的思考と学習方略の関係

6/17

後藤 卒論計画:時間的距離の展望的行動選択、およびその評価への影響
唐牛 研究計画:数学ステレオタイプが数学に関する態度に及ぼす効果

6/24

Loussouarn 研究計画:Investigating non-conceptual forms of metacognition: the case of meta-perception
岡田 卒論計画:社会的勢力が認知に及ぼす影響

7/1

Danny 研究発表:Warning symbol comparison: Influences of cultural background & test wording
志波 論文紹介:Povinelli, D.J. & Vonk, J. (2003).Chimpanzee minds: suspiciously human? TRENDS in Cognitive Sciences,7-4,157-160
7/8 井関,猪原 SARMAC, Society for Text & Discourseリハ

7/15

栗田,平

杉森

SARMACCOGSCI Psychonomicリハほか

7/18-20 日本認知心理学会第7回大会 立教大学
July,28-31 SARMAC
7/29, 7/30, 8/3

狩野裕先生集中講義

8/6,7,10

Manalo先生集中講義

8/26-28

日本心理学会第73回大会 立命

8/29 唐沢穣研究室との合同ゼミ
9/7,8,9 唐沢かおり先生集中講義

9/10-12

日本認知科学会第27回大会, 慶應SFC

9/20-22 日本教育心理学会第51回総会 静岡大学 静岡キャンパス

9/26-27

日本認知言語学会第10回全国大会 設立10周年記念大会 京都大学吉田キャンパス 

 

2010227

戻る