ブラウンバック・セミナー(BBS)

 水曜日 12:30-14:30 

 場所:教育学部2F216

 対象:京都大学院生および3,4回生

 内容:What's new?  1週間の研究進展の報告

研究発表     : 文献サーベイ,研究アイディアや計画,実験・調査結果を報告

論文紹介    :最新の海外雑誌論文の紹介

     学会リハーサル

2016年度の記録 2015年度の記録  2014年度の記録  2013年度の記録   2012年度の記録  2011年度の記録 2010年度の記録

2009年度の記録  2008年度の記録   2007年度の記録    2006年度の記録   2005年度の記録  2004年度の記録   2003 年度の記録

2002年度の記録  2001年度の記録

 

49月日程表

 

 

発表者

発表テーマ

412

楠見

イントロダクション

419

伊川

リスクの合理的判断に関わる個人要因:リスクリテラシー,ニューメラシー,批判的思考

西端

社会的感染の懸念の低減可能性について

426

綾部

学習者は数学問題解決場面で適切な図表を自発的に産出できるか

510

渡邊

脚本読解と演技練習を軸とした演劇による短期的トレーニングは社会的能力を高めるか

517

西口

単文産出における知覚的シミュレーション性の検討

524

久富

筆跡・筆圧とストレスの関係を調べた実験結果の報告

531

日本認知心理学会リハ

6/3-4

 

日本認知心理学会

67

広告認知に及ぼす覚醒度の影響

614

感情を表した比喩表現の産出と理解

621

白砂

精神障害を有する人物への偏見に処理流暢性が及ぼす影響

米田

自閉スペクトラム症の成人における心情理解と援助動機

628

澤田

論文紹介:Increased Moral Sensitivity for Outgroup Perpetrators Harming Ingroup Members

二木

なぜよく覚えられるのか?奇異性効果のメカニズムについて

 75

市村

書籍紹介:「なぜあなたは論文が書けないのか?」メディカルレビュー社

河村

ベネフィット/コスト比の個体差が利他行動を生み出すかー社会的ジレンマの再考ー

712 

長谷部

学習教材の知覚的流暢性が学習者の行動に及ぼす影響

倉石

実務における地理的プロファイリングの精度評価

719 

山本

批判的思考測定におけるSJTの利用

荻原

日本文化の個人主義化とその心理的帰結

96 

荻原日心小講演、岡認知科学口頭、ポスターリハ

912

 

名大唐沢研・楠見研合同ゼミ

912

 

荻原グルダイ口頭、長谷部教育工学会口頭リハ、日心ポスターリハ

9/13-15

 

認知科学会

9/20-22

 

日本心理学会

 

2017.7.21 update

戻る