楠見 孝 (Prof. Takashi KUSUMI) のホームページ

Click here for English Page.            

 

 

0.   おしらせ

1.主な担当授業科目

教育研究入門   (期)  

学習・思考論演習I, I(ブラウンバックセミナー)

心理データ解析演習(前期,院) 

教育認知心理学コロキウム(前期,後期院) 

   

    過去の授業記録

o  認知心理学概論I (期)  

o    新しい学習環境のデザイン:創造性を育む場を作る(後期Dスクール) ポスター シラバス FBL/PBL

o    FBL/PBL学習環境のデザイン (後期,Dスクール) 

o  知の発信と融合:科学コミュニケーションの発信と受信のあり方考える研究科横断科目) 前期・金5 

o    ポケットゼミ「批判的思考力を高める」 紹介

o    教育心理学課題演習(後期)(火曜3限) e-Learningシステムmoodle マニュアル[PDF]  

o    教育心理学課題演習(2009)

o    メディア教育概論(前期) moodle

o    認知心理学概論II (後期)   オープンコースウェア(講義ノートほか)

o    教育心理学コロキウムII前期

o 教育研究入門  授業資料 (期)  

 

2.       主な著作  自著紹介   CiNii  J-STAGE(論文PDF Google Scholar Google Scholar(Eng.)   研究者リゾルバー   i  

論文

都築章子・楠見孝・鳩野逸生・鈴木真理子 (2013. 韓国のサイエンス・カルチャー政策と実践事例科学技術コミュニケーション  (12) 63-74   

    • Komeda, H., Tsunemi, K., Inohara, K., Kusumi, T., & Rapp, D.N. 2013. Beyond disposition: The processing consequences of explicit and implicit invocations of empathy. Acta Psychologica,, 142, 349-355.
    • 楠見 孝・平山るみ・田中優子(2012. 批判的思考力を育成する大学初年次教育の実践と評価 認知科学,19() ,69-82   [PDF]
    • 田中優子・楠見孝 (2012. 批判的思考パフォーマンスに及ぼす目標,暗黙の前提に対する信念,および能力の影響  認知科学,19(1),56-67.
    • 猪原敬介・楠見孝 (2012. 読書習慣が語彙知識に及ぼす影響 —潜在意味解析による検討—. 認知科学.19(1),100-121.
    • Ueichi, H. ,Kuriyama,N., Saito, T., &  Kusumi, T. (2012). Effects of the Deliberate Decision-making Style on Career Decision-making Processes and Coping with Regret after High School. Psychologia: An International Journal of Psychological Sciences, 55,28-44.
    • 栗田季佳・楠見孝 (2012) 障害者に対する両面価値的態度の構造−能力・人柄に関する潜在的‐顕在的ステレオタイプ−. 特殊教育学研究, 49(5), 481-503
    • 楠見  孝 (2011). 幸福感と意思決定—決定スタイルと自己制御モードの文化差—  心理学評論,55(1),114-30.  [PDF]
    •  Komiya, A.., &  Kusumi, T. (2012).Age differences in the experience of regret in Japan: Commission versus Omission in the interpersonal and self domains.Psychologia: An International Journal of Psychological Sciences, 55,28-44.
    • 平山るみ・楠見 孝(2011日本語版認識論的信念の尺度構成と批判的思考態度との関連性の検 日本教育工学会誌,34Suppl.,157-160.
    • Sugimori, E., Matsuda, K., & Kusumi, T. (2011). The contradictory effects of nostalgic advertisements on nostalgia for products and on remembering advertisements. Japanese Psychological Research,53(1),42-52.
    • Morimoto, Y., Nakashima, S. F, &  Kusumi, T. (2011). Comparison between preferences of monopolists and non-monopolists toward justified punishersPsychologia: An International Journal of Psychological Sciences,54,27-38.
    • 楠見 孝 2011 レトリックと批判的思考:認知心理学の観点から 日本認知言語学会論文集,11,551-558.  [PDF]
    • 都築章子・楠見孝・鳩野逸生・鈴木真理子 (2011).サイエンスコミュニケーションデザインを支える知のネットワーク〜英国National Network of Science Learning Centres調査報告〜 科学技術コミュニケーション,9,53-64[PDF]
    • 都築章子・西村祐治・楠見孝・鳩野逸生・鈴木真理子 (2011).'How science works'という視点:欧米の博物館を例にして  科学教育研究,35,218−220.
    • 猪原敬介・楠見孝 2011 潜在意味解析に基づく概念間類似度の心理学的妥当性:言語統計解析アプローチの効用と限界 心理学評論,54(2),101−122
    • Tsunemi, K., & Kusumi, T. 2011. The Effect of Perceptual and Personal Memory Retrieval on Story Comprehension. Psychologia: An International Journal of Psychological Sciences, 54(3) 119-135
    • Kurita, T.  & Kusumi, T. (2010)  Implicit and Explicit Attitudes toward People with Disabilities and Effects of the Internal and External Sources of Motivation to Moderate Prejudice suggestion on Learning Science. Psychologia: An International Journal of Psychological Sciences, 52(4),253-260.
    • 楠見 孝・中本敬子・子安増生(2010痛みの比喩表現の身体感覚と認知の構造 心理学研究,80巻,6, 467-475.    付録図表
    • 栗田季佳・楠見 孝 (2010.「障がい者」表記が身体障害者に対する態度に及ぼす効果—接触経験との関連から— 教育心理学研究,58(2),129-139
    • Kusumi, T., Matsuda, K., Sugimori, E. (2010). The effects of aging on nostalgia in consumers’advertisement processing. Japanese Psychological Research,52(3),150-162. 解説  [PDF]
    • 小宮あすか・渡部 幹・楠見 孝 (2010). 後悔の社会的適応メカニズムに関する研究の概観と展望:他者損失状況における後悔に着目して. 心理学評論, 53,153-168.

総説

3.       主な研究テーマと成果   科研費データベース

o        21世紀市民のための高次リテラシーと批判的思考力のアセスメントと育成 (基盤A)

o        小中学生の家庭学習

      4.   活動計画NEW!  過去の分2013   2012  2011 2010 2009 2008 2007 2006 2005 2004 2003 2002 2001 2000 1999 1998 1997 1996 1995 1994

5.       一般向きの論文,解説,新聞記事

o        類似性に敏感な人は日常生活でのデジャビュ経験頻度が高い

o        場所を描いた文章から地図をイメージできるか? −歩く順序で書いた文章がわかりやすい−

o        PISA「学習方法」学校で習得  読売新聞新2011.9.23 記事

o        デジャブはどうして起こるのか? 読売新聞関西発もの知り百科2 2009.11.12 

o        メタファとデジャビュ 月刊「言語」,7月号,32-37. [PDF]

o        認知心理学から見た比喩 日本語学(明治書院),24,5月号,26-36.[PDF

o        暗黙知:経験による知恵とは何か [PDF]

o        市民のリスク認知

6.       科学コミュニケーション リスクコミュニケーション, 東日本大震災

7.       エッセイ・インタビュー

8.    書評

9.       キーワード集(メタファ,概念,推論),日英専門用語(教育学,心理学)心理学用語

10.   ブックガイド(認知心理学)

11.   心理学のためのデータ解析法

12.   リンク集(コネクショニストモデルと認知心理学)

13.    過去の講演会,シンポジウム,ワークショップなど

14.   大学院,PD,卒論指導を希望の方へ  博士・修士論文リスト  大学院生活オリエンテーション資料PDF 

15.   小中高の先生向け:教職の専門知

16.   社会人向け:有能な管理職はどこが違うか

17.   小中高生向け

o   批判的に考えるとは  (夢ナビ講義)

o   心理学とは何だろうか— 心の働きを科学的に知る [PDF]  京都大学ジュニアキャンパス(2007.9.3

o   デジャヴはなぜ起きる 毎日小学生新聞 2009.11.8 HP PDF

o    ブックガイド『サブリミナルマインド』『豊饒の海』 PDF

18.   研究会

o    ブラウンバックセミナー (毎週水曜,論文検討会&アイディア検討会,レジメ)

o    教育認知心理学講座講演会

          19. リンク

o    博士課程教育リーディングプログラム「デザイン学大学院連携プログラム

o    京都大学 大学院教育学研究科教育実践コラボレーションセンター

o    京都大学こころの先端研究ユニット(WISH)

o    京都大学こころの未来研究センター

o    グローバルCOE「心が活きる教育のための国際的拠点」

o    食品リスク認知とリスクコミュニケーション、食農倫理とプロフェッションの確立(基盤S)

 

  終了

o    批判的思考の認知的基礎と教育実践(基盤B)    第1回研究会   第2回研究会     第3回研究会  第4回研究会 第5回研究会

o    文理横断的教科書を活用した神経科学リテラシーの向上


研究室:郵便のあて先 606-8501 京都市左京区吉田本町 京都大学 大学院教育学研究科

     教育学部本館204  


Takashi KUSUMI メールの宛先 kusumi.takashi.7u(at)kyoto-u.ac.jp   (at)@に変えてください

June,6,2015