田岡 大樹(TAOKA, Daiki) D3

2022.4.26更新
taoka.daiki.55aatst.kyoto-u.ac.jp

所属 (Affiliation)

京都大学大学院教育学研究科 教育認知心理学講座 楠見研究室 博士後期課程3年

研究領域 (Research Area)

 私たちの身の回りは多くの娯楽 (ゲーム,公営賭博,インターネットなど) で溢れています。娯楽は日常のルーティンや仕事から私たちを解放し,束の間の休息を与えてくれます。しかし,時に娯楽は私たちの資源 (金銭や時間) を枯渇させ,さまざまな問題を引き起こします。私は,健全な娯楽生活を支えるための研究知見を提供することを目標として,問題の原因となる認知行動メカニズムの解明とその応用に関心を持って研究を行っています。
 現在の研究テーマはギャンブル行動 (gambling behavior) です。特に「無謀な賭け (reckless betting)」と呼ばれる賭け行動に焦点を当てています。無謀な賭けとは,勝ちよりも負けが見込まれる勝負に多額の賭けを行ってしまうことです (Cummins et al., 2009)。無謀な賭けは,賭けの結果の期待値が負であるという点で非合理的であり,長期的には損失の蓄積を招きます。無謀な賭けのメカニズムやその抑制方法が分かれば,ギャンブル依存症の中核症状である負け追いの予防につながり,ギャンブル依存症対策に貢献できるのではないかと考えています。

Much amusement (games, gambling, Internet, etc.) surrounds us. Amusements provide us with a refreshing break from our daily routines and work. However, it sometimes depletes our resources (money and time) and causes various problems. I am interested in the cognitive-behavioral mechanisms that cause these problems and their applications, with a future goal of providing research findings that support healthy amusement life.
My current research topic is gambling behavior. Especially, I am focusing on " reckless betting." Reckless betting is placing larger bets on a gamble where losing is more likely than winning (Cummins et al., 2009). Reckless betting is irrational in that the expected outcome is negative, and therefore results in accumulation of losses in the long run. I believe that understanding mechanisms of reckless betting and how to control it will lead to the prevention of loss-chasing, a central symptom of gambling addiction, and contribute to the prevention of gambling addiction.

 

Reference: Cummins, L. F., Nadorff, M. R., & Kelly, A. E. (2009). Winning and positive affect can lead to reckless gambling. Psychology of Addictive Behaviors, 23(2), 287-294. https://doi.org/10.1037/a0014783

研究業績 (Research Works)

学術論文 (Research Articles)
【査読あり・第一著者 (Refereed, First author)】
■雑誌論文 (Journal Articles)
  • Taoka, D., & Kusumi, T. (2021). Role of affect and risk–benefit perception on reckless betting: Prior wins and losses both lead to risky bets. Journal of Gambling Studies, 1-25. https://doi.org/10.1007/s10899-021-10077-4
■国際会議論文 (International Conference Paper)
  • Taoka, D., & Ariga, A. (2019). Winners do not stop gambling, but become reckless gamblers. Proceedings of Knowledge and Smart Technology (included in IEEE Xplore), 199-202. https://doi.org/10.1109/KST.2019.8687675
【査読あり・第二著者以降 (Refereed, Co-author)】
■雑誌論文 (Journal Articles)
  • Ichimura, K., Taoka, D.,& Miyahara, R (in press). Impact bias in regret: Comparisons between within-subjects and between-subjects designs, kokaishita and kuyashi, and the presence and absence of reward. Japanese Psychological Research.
  • Tsegmed, O., Taoka, D., Qi, J., & Ariga, A. (2019). Implicit attitudes about agricultural and aquatic products from Fukushima depend on where consumers reside. Frontiers in Psychology, 10, 515. https://doi.org/10.3389/fpsyg.2019.00515
  • 学会発表 (Presentation)
    【国際学会 (International Conference)】
    ■口頭発表・査読あり (Oral, Refereed)
    • Taoka D., & Ariga A. (2019). Winners do not stop gambling, but become reckless gamblers, 11th International Conference on Knowledge and Smart Technology, Phuket, Thailand, January 2019.
    【国内学会 (Conference in Japan)】
    ■ポスター発表・査読なし (Poster, Unrefereed)
    ■第二著者以降・査読なし (Co-author, Unrefereed) ※発表種別の記載は省略
    • 市村 賢士郎・田岡 大樹・宮原 里奈. (2021). 後悔のインパクト・バイアスに及ぼす課題の性質と評定語の影響,日本認知心理学会第 18 回大会, 金沢工業大学 (Web開催), 石川, 2021年3月. https://doi.org/10.14875/cogpsy.2020.0_1
    • Tsegmed OtgonchimegDaiki Taoka・Jiang Qi・Atsunori Ariga (2018). Residential areas modulate implicit attitudes on Fukushima agricultural products, 日本認知心理学会第16 回大会, 立命館大学, 大阪, 2018年9月. https://doi.org/10.14875/cogpsy.2018.0_6
    その他 (Others)
    【研究会など (Research Meetings)】
    • 田岡 大樹・楠見 孝. (2021). 無謀な賭けと負け追い―ギャンブル課題と時系列解析―. 京都大学こころの科学ユニット「こころの科学研究者大交流会2020」, ポスター発表, 京都大学 (Web開催), 2021年2月.
    【研究助成金 (Research Grants)】
    • 田岡 大樹. 京都大学グローバル教育展開 オフィス国際学会発表のための旅費補助, 2018年.
      田岡 大樹. 京都大学大学院教育学研究科同窓会「京友会」 研究助成金, 2020年.
      田岡 大樹. 京都大学グローバル教育展開オフィス 英語論文出版のための論文翻訳・校正支援, 2020年.
      田岡 大樹. 日本学術振興会 科学研究費補助金 特別研究員奨励費「無謀な賭けの心理的メカニズムの解明」, 2021年4月-2023年3月
    【職歴 (Work History)】
    • 京都大学教育学部 教育心理学実習 (TA), 2018年4月-(現在)
      京都大学デザインイノベーションコンソーシアム 京都大学サマーデザインスクール2021のイベントHP作成および情報更新 (アシスタント), 2021年7月-2021年9月
      日本学術振興会 特別研究員 (DC2), 2021年4月-2023年3月
    【学歴 (Education History)】
    • 2014年3月31日
      香川県立丸亀高等学校 卒業
      2014年4月1日
      広島大学総合科学部 入学
      2018年3月31日
      広島大学総合科学部 卒業
      2018年4月1日
      京都大学大学院教育学研究科修士課程 入学
      2020年3月31日
      京都大学大学院教育学研究科修士課程 修了
      2020年4月1日
      京都大学大学院教育学研究科博士後期課程 進学