京都大学グローバルCOE「心が活きる教育のための国際的拠点」  主催第19回講演会

 

Bar-Hillel教授講演会

 

GCOEユニットB「e-learningと学習者間インタラクションを通した高次リテラシーの育成」 

共催 関西思考研究会,科研基盤B「批判的思考の認知的基礎と教育実践」

 

Maya Bar-Hillel先生が日本学術振興会の補助を受けて山岸侯彦東京工業大学准教授の招聘により来日します。意思決定の心理学研究の重鎮で、2004-2005年に

はSociety for Judgment and Decision Makingの19代会長も務めました。The base-rate fallacy in probability judgments (1980)、Solving the Bible code puzzle(1999)等が有名です。

今回は,聖書の暗号(聖書から隠れた言葉を見つけて予言すること)と批判的思考に関して講演いただきます。

講演は英語でおこないます.申し込み不要,入場無料です。

日時並びに場所は下記の通りです。関心ある方の多くの参加をお待ちしております。

 

 

日程  2009年11月9日(月) 16時〜18時

会場  京都大学時計台記念館2F会議室3 

地図・アクセス:http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm

発表者:Maya Bar-Hillel先生(Hebrew University of Jerusalem,合理性研究所

タイトル:The Bible Code: Riddle and Solution (聖書の暗号の謎を解く)
Abstract:
In 1994, Statistical Science published a paper purporting to show that a
code exists in Genesis, foretelling the future. The paper had been
refereed by many distinguished scientists, among them Nobelists, the
world's most reknowned statisticians, and others, who could not find the
flaw in the paper. A team of skeptics set out, as sleuths, to find out
who really put the code in the Bible.

 

Bible codeについての参考資料

Bar-Hillel, M., Bar-Natan, D., Kalai, G., & McKay, B. (1999). Solving the Bible Code Puzzle. Statistical

Science, 14, 150-173.

http://www.math.toronto.edu/~drorbn/Codes/StatSci.pdf

マイケル・ドロズニン 2002 聖書の暗号 新潮文庫

マイケル・ドロズニン 2003 聖書の暗号2 アーティストハウスパブリッシャーズ

http://www.math.washington.edu/~greenber/BibleCode.html

http://pubweb.cc.u-tokai.ac.jp/haruta/code/index.html  『聖書の暗号』の部屋(東海大学文学部春田晴郎) とても参考になります

http://en.wikipedia.org/wiki/Bible_code

http://www.nazotoki.com/bible_code.html

http://www.h5.dion.ne.jp/~hirorin/biblecode.htm

 

Bar-Hillel教授主要論文

Bar-Hillel, M., Budescu, D.V. & Amar, M. (2008). Predicting world cup results: Do goals seem more

likely when they pay off? Psychonomic Bulletin & Review, 15, 278-283.

Bar-Hillel, M., & Margalit, A. (2004). How vicious are cycles of intransitive choice? Theory and Decision,

24, 119-145.

Bar-Hillel, M. (1973) On the subjective probability of compound events. Organizational Behavior and

Human Performance, 9, 396-406.

 

Yehoshua Bar-Hillel 父

Gili Bar-Hillel 娘

 

 

問い合わせ先:

楠見 孝(京都大学大学院教育学研究科) kusumi(at)educ.kyoto-u.ac.jp at=@

 

2009/10/19