「消費者心理を科学する:認知心理学と行動経済学の接点」

日本基礎心理学会2008年度第2回フォーラム】 

 

2009年3月28日(土)13:00〜15:30 大阪大学(吹田キャンパス)人間科学研究科 東館2階207室(ユメンヌ・ホール)

   

 

広告と消費者心理:単純接触効果による安心感とノスタルジア 

 

京都大学     楠見 孝

 

共同研究者

東京大学      杉森絵里子

山口大学      松田 憲

 

要旨

認知心理学は、消費者の広告認知過程を科学的に解明するための理論と方法論を提供する。ここでは単純接触効果に着目して、反復提示される広告において、どの要素に注意が向けられ、親しみや好意を引き起こし、記憶に残り、購買行動に結びつくのかを、実験と調査データに基づいて検討する。あわせて、最近の重要な社会問題である食品のリスク・安全情報の反復提示が安心感に及ぼす影響に関する問題も取りあげる。また、近年、レトロマーケティングとして盛んに用いられている、ノスタルジア(懐かしさ)を引き起こす広告は、手がかり刺激との過去における単純接触と長い空白時間が重要な要因であり、年齢差や男女差があることを、調査データにもとづいて検討する。

 

――――――――――――――――――――――

関連発表

 

日本心理学会第72回大会(立命館大学)でもワークショップを計画しています

 

2009.3.30

 

 

Return