心理データ解析演習(心理デザインデータ解析演習)

 

前期 水曜 2時限 教育学部2Fサテライト1  担当 楠見 孝高橋雄介

 

(授業の概要・目的)

本演習では,人の認知構造やプロセスを明らかにするための心理学的方法として,データ解析法とシミュレーションの技法を,最新の文献,ソフトウエア(R,JMP,SPSS, など)に基づいて検討します.そして,取り上げた手法を理解し,各自が収集したデータを解析して,モデル化し,レベルの高い学術論文を執筆することを目標とします.

 

(授業計画と内容)

1回目はイントロダクションを行い,2回目以降は,テキストにしたがって,下記の事項を取り上げます.
(1)実験データの解析:分散分析,共分散分析など
(2)認知構造の解明:因子分析,クラスタ分析,多次元尺度解析など
(3)認知プロセスの検討:回帰分析,判別分析,共分散構造分析など
(4)質問紙データの分析:項目反応理論,潜在ランク分析,多母集団同時分析,マルチレベル分析など
(5)メタ分析

発表者は,手法ごとに(1)背景となる文献の紹介,(2)利用法の説明・デモ,(3)できれば,自分たちのデータを利用した結果を紹介します. 

最終的には,取り上げたすべての手法について,自分のデータを使って分析を行い,学術論文を執筆することを目標とします.

  

(履修要件)

記述統計,推測統計の基礎的知識を持ち,データを分析した経験あるいは分析するデータを持っていることが望ましい.なお,受講者の発表テーマとレベルは,各自の関心と学習の進度に応じるかたちで設定する.

 

(成績評価の方法・基準)

授業への出席,担当回の発表を要件とします                

 

(授業外学習(予習・復習)等)

予習すべきこと

発表者は,受講者にパワーポイント発表資料や模擬データを事前に配布する.受講者は,発表資料

に目を通し,疑問点を明らかにする.

復習すべきこと

授業中に紹介された解析手法を使って,模擬データを自分でもう一度分析してみて,スキルが習得

できたかを確認する.さらに,自分のデータに適用できるか検討する.

 

 

日程表

1

4/ 12

楠見・高橋

イントロダクション

2

4/ 19

池田

1章 因子分析 [PDF]

3

4/ 26

山口

5章 分散分析と交互作用 [PDF]

4

5/ 10

8章 多母集団の同時分析と媒介分析 [PDF]

5

5/ 17

西端

3章 潜在ランク理論 [PDF]

6

5/ 24

9章 階層的重回帰分析と交互作用 [PDF]

7

5/ 31

高野

6章 メタ分析 [PDF]

8

6/ 7

西口

11章 階層線形モデル [PDF]

9

6/ 14

綾部

10章 マルチレベル構造方程式モデリング [PDF]

10

6/ 21

池田

卒論実験結果の再分析とRを用いた因子分析

 

 

山口

社会的遊びへの遷移パターン:系列分析Sequential Analysisを参考にして

11

6/ 28

信号検出理論 [PDF]

 

 

綾部

介入研究の統計分析‐ How To Manifest Simply -

12

7/ 5

卒論データの再分析ー階層線形モデル

 

 

高野

欠損値を補完する [PDF]

13

7/ 12

西口

線形混合モデル [PDF]

 

 

西端

項目反応理論 [PDF]

14

7/ 19

予備日

 

 

テキスト

荘島 宏二郎 編著 2017  計量パーソナリティ心理学 ナカニシヤ出版 3800

データとプログラム

 

参考

過去の授業における発表 2004−2016 2003 2002