野村理朗 研究室(SLS)

私の研究室では、心の階層を本性や可塑性とともに明らかにし、新しい価値や世界観、意味の創造を通じて、社会に貢献してゆくことを”大きな目標”としています。具体的には、個人から社会までを包括した視座に立ち、心理学実験・質問紙調査をはじめ、脳イメージング・脳刺激から身体技法にいたるアプローチを駆使して、基礎と実践を往還することにより、革新的発見/貢献を目指します。ここでの研究を推進する力は「楽しい!」というごくシンプルな感覚から、迷ったときには「心をうごかす」という追究の原点に立ち返ることを旨としています。

授業「感情システム論演習」は、その一環として社会生命科学(Social Life Science)研究会を開催しています。また”道場”においては、研究計画の立案・遂行、データ解釈、論文執筆、投稿から採択にいたるプロセス等、研究者のキャリア形成の土台となる個別指導を毎週行っています。
 選んでいただけるテーマは、認知や感情にかかわる現象について、自然や伝統、先端技術との関わりに広く主眼を置いたものとなります(内容は、授業や道場でじっくりと検討します)。また、指導教員の専門と大きく異なるテーマにおいては、論文採択の見通しが立ちませんので、受験前にご相談いただくようお願いします。
 ご参考まで、現在はこちらの研究課題を推進しています。
 https://nrid.nii.ac.jp/ja/nrid/1000060399011/

大学院進学という出発地点、スタートラインは皆同じです。そこから2~5年かけて、一人ひとりの個性・想いなどを見立つつ、指導は研究人生の礎として、一人立ちして以降に、真価の問われる”力量”の土台となりますよう願っています。
 そしてこうした研究の楽しさ、大変さ、達成感を味わいつつ、一緒に研究したいと思われる方は、門戸をたたき、まずは自身の目でご覧になっていただければ幸いです。
 

野村 理朗

近年指導の修士論文・博士論文

年度 区分 著者名 論文題目
令和2 修士論文 澤田和輝 畏敬の念が創造的思考に及ぼす影響
櫃割仁平 俳句の美的評価を予測する心理状態と個人特性:
感情との関わりから
尹 優進 身体技法による認知の変容に関する研究
博士論文 宮坂まみ 注意欠如・多動症に関する実験・調査研究
令和元
博士論文 平岡大樹 乳児の泣き声への反応に関わる心理・生理学的検討
平成30 修士論文 池田潮良 内在化した道徳と攻撃行動との関わりの研究
高野了太 畏敬の念の神経基盤に関する研究
博士論文 藤野正寛 洞察瞑想による情動調整の心理・神経メカニズム
の研究
平成29 修士論文 津田綾乃 Development of New Measurements to
Understand the Emotion of Awe
博士論文 枡田 恵 幼児期における表情の理解と意図的な表出
平成28 修士論文 平岡大樹 乳児の泣き声への反応に遺伝・環境・状況要因が
与える影響の検討
博士論文 梶村昇吾 Mind wandering regulation by non-invasive
brain stimulation(非侵襲脳刺激法による
マインドワンダリング制御)
平成27 修士論文 藤野正寛 集中瞑想と洞察瞑想の神経基盤 −fMRIを用いた
大脳基底核-皮質間の機能的結合性の検討−
博士論文 日道俊之 共感が援助行動を促進する心理・神経・遺伝的
メカニズムの検討
平成26 修士論文 藤田弥世 人種カテゴリー知覚に関する認知科学的検討
宮坂まみ AD/HDの認知特性および支援者の理解の
バイアスに関する研究
平成25 修士論文 梶村昇吾 認知機能の阻害要因に関する神経科学的検討
-脳のデフォルトモードネットワーク調節の
観点から-
平成24 修士論文 日道俊之 情動状態が他者の心的状態の推測へ及ぼす
影響の検討

ページトップへ