楠見研究室(BBS)

こんにちは、楠見研究室です。BBS ( Brown Bag Seminar)で扱われるテーマは、①言語・文章理解、空間認知、②批判的思考とリスク認知、実践知、熟達化、③社会的認知・意思決定、自己制御、文化、感情、広告など多岐に渡り、「人々がどのように与えられる情報を理解し、意思決定を行っているのか」を多様な観点から研究しています。研究室のメンバーは非常に仲が良く研究に熱心で、場所を問わず(e.g. 研究室、教室、実験室、廊下、桜の木の下、居酒屋)で議論を重ねることもしばしばです。京大の学部生から大学院生まで、認知心理学に関心のある人が参加できる、研究志向の開かれたBBSというセミナーを 毎週水曜日12時半から行っています。興味のある方はどうぞ、ご連絡ください。
楠見教授の個人ぺージへ
English Page

BBSのページへ

近年の修士論文・博士論文

年度 区分 著者名 論文題目
平成16 修士論文 田中優子 批判的思考の使用に及ぼす目標と文脈の効果
博士論文 松田 憲 単純接触効果を支える概念形成過程
平成17 修士論文 平 知宏 比喩理解における意味の活性と
抑制 :解釈の多様性と知識変容
森本裕子 サンクション行動に関わる諸要因の検討
博士論文 杉森絵里子 メタ記憶におけるインプット・アウトプット
モニタリングエラーの規定要因
平成18 修士論文 常深浩平 文章読解時の心的表象構築過程における
知覚的・自伝的記憶の役割
服部貴大 数学的問題解決における
概念的・手続き的教示の効果
博士論文 小島隆次 Spatial language understanding based
on visual information
米田英嗣 物語理解における感情の処理過程
平成19 修士論文 小宮あすか 対人的・個人的状況における後悔:日米比較研究
博士論文 (なし)
平成20 修士論文 猪原敬介 物語理解における主人公の目標情報の処理
唐牛祐輔 ジェンダーステレオタイプに他者視線が
及ぼす効果
博士論文 田中優子 批判的思考プロセスにおける目標志向性と
メタ認知
平成21 修士論文 栗田季佳 障害者に対する両価的ステレオタイプの検討
博士論文 平 知宏 比喩理解における解釈多様性と身体化認知
平成22 修士論文 土屋智裕 読解目標がモニタリング精度と
批判的思考態度に及ぼす効果
博士論文 小宮あすか Socio-cultural grounding of regret
and its functions: Comparing regret in Japan
and the United States.
森本裕子 サンクション行動の適応基盤:
リワードとパニッシュメントの機能
平成23 修士論文 岡田安功 社会的影響力が情報判断に及ぼす効果
荻原祐二 日本における「個人主義」が幸福感に及ぼす
影響:対人関係からの検討
後藤崇志 自己制御の処理過程:
評価・抑制・制御資源の関連性
杉本匡史 空間メンタルモデルの構築・想起:
ルートパースペクティブにおける連続性の効果
博士論文 常深浩平 物語理解過程における知覚的処理:
自伝的記憶に基づく検討
猪原敬介 文章理解における知識に基づく推論:
潜在意味解析による検討
平成24 修士論文 (なし)  
博士論文 栗田季佳 障害者に対する態度の構造と偏見低減方法:
潜在的態度と顕在的態度に着目して
平成25 修士論文 (なし)  
博士論文 小山内秀和 物語世界への没入体験:測定ツールの開発と
読解における役割
平成26 修士論文 市村賢士郎 学習目標の達成にかかわる動機づけ促進過程の
解明:課題困難度の認知とフィードバックに着
目して
岡隆之介 比喩表現の産出に及ぼす諸要因の検討
白砂優希 バイアス盲点に及ぼす諸要因の検討
博士論文 荻原祐二 日本社会・文化の個人主義化に伴う不適応問題の
解明
後藤崇志 自律性に着目した自己統制概念の再考
杉本匡史 空間認知におけるサーベイパースペクティブと
ルートパースペクティブ:空間情報の学習と想起
平成27 修士論文 廣橋幹也 意思決定後の感情生起に認知負荷が与える影響
博士論文 石川敦雄 室内空間の視覚要因がコミュニケーション関連の
認知・行動に及ぼす影響

BBS研のページへ

楠見教授の個人ぺージへ