楠見 孝 (KUSUMI, Takashi) 教授

2017.5.22更新
kusumi.takashi.7uatkyoto-u.ac.jp Web

研究領域

  • (1)比喩・類推,物語の処理を支える概念,知識,
  • (2)意思決定やリスク認知における感情の影響,
  • (3)管理職や教職の実践的知能と熟達化,
  • (4)社会的推論と批判的思考, 高次リテラシー,
  • (5)日常記憶とメタ認知,
  • (6)仮想空間を利用したコミュニケーションと教育.

研究業績(詳しい業績はこちらを参照)

著書
論文
  • Kusumi, T., Kashima, Y., & Hirayama, R. (in press). Risk Perception and Risk Talk: The Case of the Fukushima Daiichi Nuclear Radiation Risk. Risk Analysis: An International Journal. [査読有]
  • Kusumi, T., Yama, H., Okada, K., Kikuchi, S. & Hoshino, T. (2016). A national survey of psychology education programs and their content in Japan. Japanese Psychological Research, 58(Suppl. 1), 4–18, DOI: 10.1111/jpr.12111. [査読有]
  • 楠見 ・村瀬公胤・武田明典 (2016). 小学校高学年・中学生の批判的思考態度の測定:認知的熟慮性-衝動性,認知された学習コンピテンス,教育プログラムとの関係. 日本教育工学会論文誌, 40(1), 33-44. [査読有]
  • 楠見 ・南部広孝・西岡加名恵・山田剛史・斎藤有吾(2016). パフォーマンス評価を活かした高大接続のための入試:京都大学教育学部における特色入試の取り組み. 京都大学高等教育研究, No.22, 55-66. [査読有]
  • 後藤崇志・川口秀樹・野々宮英二・市村賢士郎・楠見 ・子安増生 (印刷中). 自律的動機づけと動機づけ調整方略の双方向的関係. 心理学研究. [査読有]
  • 市村賢士郎・上田祥行・楠見 (2016). 課題動機づけにおける困難度情報が課題努力に及ぼす影響. 心理学研究 DOI:10.4992/jjpsy.87.15008 [査読有]
  • Iseki, R., & Kusumi, T. (2016). Effects of source information on learning and integration of information on genetically modified foods. Psychologia: An International Journal of Psychological Sciences, 58(3), 127-144. [査読有]
  • 石川敦雄・楠見 (2015).室内の物理的環境から対人認知・行動への潜在的影響過程. 心理学評論, 58(4), 530-554. [査読有]
  • 石川敦雄・西田恵・渡部幹・山川義徳・乾敏郎・楠見 (2016).背景にある室内空間要因が対人認知に及ぼす影響: 初対面の人物に対する印象形成を対象として. 環境心理学研究, 4(1), 1-14. [査読有]
  • Komeda, H., Osanai, H., Yanaoka, K., Okamoto, Y., Fujioka, T., Arai, S., Inohara, K., Koyasu, M., Kusumi, T., Takiguchi, S., Kawatani, M., Kumazaki, H., Hiratani, M., Tomoda, A., & Kosaka, H. (2016). Decision making processes based on social conventional rules in early adolescents with and without autism spectrum disorders. Scientific Reports, 6, Article number: 37875.
    doi:10.1038/srep37875
    [査読有]
  • 黒田怜佑・松田憲・楠見 ・辻正二 (2016).時報機能を持つ建築物の音環境が仮想場面の没入感に及ぼす影響. 日本感性工学会論文誌, 15(1),173-182, [査読有]
  • Ogihara, Y., Uchida, Y., & Kusumi, T. (2016). Losing confidence over time: Temporal changes in self-esteem among older children and early adolescents in Japan, 1999-2006. SAGE Open, 6(3), 1-8. doi: 10.1177/2158244016666606  [査読有]
  • Ogihara, Y., Uchida, Y., & Kusumi, T. (2016). How do Japanese perceive individualism? Examination of the meaning of individualism in Japan.  Psychologia: An International Journal of Psychological Sciences, 57(3), 213-223. [査読有]
  • 小山内秀和・楠見 (2016). 物語への移入尺度日本語版の作成と信頼性および妥当性の検討. パーソナリティ研究, 25(1), 50-61. [査読有]
  • 三浦麻子・楠見 ・小倉加奈代 (2016). 福島第一原発事故による放射線災害地域の食品に対する態度を規定する要因:4波パネル調査による検討. 社会心理学研究, 32(1), 10-21. [査読有]
  • 田中優子・楠見 (2016). 批判的思考の表出判断に及ぼす状況変数と個人差変数の効果.
    心理学研究, 87(1), 60-69, Doi:10.4992/jjpsy.87.14076. [査読有]
  • 楠見 孝. (2015). 愛の概念を支える放射状カテゴリーと概念比喩:実験認知言語学的アプローチ.  認知言語学研究,  1,  80-98. [査読無]
  • Kusumi, T., Yama, H., Okada, K., Kikuchi, S. and Hoshino, T. (in press). A national survey of psychology education programs and their content in Japan. Japanese Psychological Research 58   DOI: 10.1111/jpr.12111  [査読有]
  • 後藤崇志・石橋優也・梶村昇吾・岡 隆之介・楠見 . (2015). 日本版自由意志・決定論信念尺度の作成. 心理学研究, 86(1) 32-41. DOI: 10.4992/jjpsy.86.13233  [査読有]
  • 市村賢士郎・ 上田 祥行・楠見 . (印刷中).: 課題動機づけにおける困難度情報が課題努力に及ぼす影響. 心理学研究 DOI:  10.4992/jjpsy.87.15008 [査読有]
  • 石川敦雄・楠見 孝.(2015).室内の物理的環境から対人認知・行動への潜在的影響過程 心理学評論,58(4), 530 -554[査読有]
  • 石川敦雄・西田恵・渡部幹・山川義徳・乾敏郎・楠見 .(印刷中).背景にある室内空間要因が対人認知に及ぼす影響: 初対面の人物に対する印象形成を対象として. 環境心理学研究 4 [査読有]
  • 河村悠太・楠見 . (2015). 募金広告の描写が援助対象への顕在的・潜在的評価及び寄付行動に与える影響. 心理学研究, 86(1) 21-31. DOI: 10.4992/jjpsy.86.14021 [査読有]
  • Karouji, Y., & Kusumi,T. (2015).  Implicit self-stereotyping under eye gaze: The effects of gaze cues on implicit math identity among women. Psychologia, 58, 1-14.
    DOI: 10.2117/psysoc.2015.1 [査読有]
  • 黒田怜佑・松田 憲・楠見 孝・辻 正二 (印刷中).時報機能を持つ建築物の音環境が仮想場面の没入感に及ぼす影響. 日本感性工学会論文誌.  DOI: 10.5057/jjske.TJSKE-D-15-00052  [査読有]
  • 三浦麻子・楠見 孝・小倉加奈代 (印刷中). 福島第一原発事故による放射線災害地域の食品に対する態度を規定する要因:4波パネル調査による検討. 社会心理学研究, 32(1)
  • Ogihara, Y., Uchida, Y., & Kusumi, T.  (in press). How do Japanese perceive individualism? Examination of the meaning of individualism in Japan.  Psychologia, 57(3). 213-223. DOI: 10.2117/psysoc.2014.213 [査読有]
  • 小山内秀和・楠見 . (印刷中). 物語への移入尺度日本語版の作成と信頼性および妥当性の検討. パーソナリティ研究.  [査読有]
  • Park, J., Baina, P.  &  Kusumi, T. (2015). Nuclear Power and Japan's Collective Future: Understanding Beliefs About How Nuclear Policies Will Affect Society. Journal of Pacific Rim Psychology, 9(2), 78-85. Doi: 10.1017/prp.2015.9 [査読有]
  • 田中 優子・楠見 . (2015). 批判的思考の表出判断に及ぼす状況変数と個人差変数の効果. 心理学研究. Doi: 10.4992/jjpsy.87.14076 [査読有]
  • Terai, A., Nakagawa, M., Kusumi, T., Koike, Y. & Jimura ,K. (2015). Enhancement of visual attention precedes the emergence of novel metaphor interpretations. Frontiers in Psychology 6:892. Doi: 10.3389/fpsyg.2015.00892. [査読有]
  • 上市秀雄・楠見 孝. (2015). 裁判員参加意向を規定する要因および意思決定プロセスの差異:制度施行前後の比較.  認知科学, 22(3), 326-340.Doi: 10.11225/jcss.22.326 [査読有]
  • 楠見 孝. (2015). 教育におけるクリティカルシンキング:看護過程に基づく検討 看護診断, 20(1), 11-16.
  • 三浦麻子・楠見 孝. (2015). 批判的思考態度・リスクに対する態度と投票行動: 2012年衆議院選挙と2013年参議院選挙のSwing vote分析 選挙研究, 30(2), 49-59.
  • 楠見 孝. (2014). ホワイトカラーの熟達化を支える実践知の獲得 組織科学 48(2),6-15.
  • 楠見 孝. (2014). 「批判的思考力」と大学教育 IDE現代の高等教育 560号, 23-27.
  • Kusumi T., Ogura, K. & Miura, A. (2014). Development of a support group using a virtual space. International Journal of Web Based Communities, 10(4) ,445-465.
  • 小山内秀和・楠見 孝. (2014). 物語世界への没入体験:読解過程における位置づけとその機能.  心理学評論,56(4),457-473.
  • Sugimori,E. &  Kusumi, T.  (2014). The similarity hypothesis of déjà vu: On the relationship between frequency of real-life déjà vu experiences and sensitivity to configural resemblance Journal of Cognitive Psychology, 26(1), 48-57.
    DOI:10.1080/20445911.2013.854248 解説
  • Sugimoto,M. &  Kusumi,T.  (2014).  The effect of text continuity on spatial representation: route versus survey perspective, Cognitive Processing15(1), 65-75.
    DOI:10.1007/s10339-013-0582-0 解説
  • Goto, T., &  Kusumi, T. (2013). How can reward contribute to efficient self-control? Reinforcement of task-defined responses diminishes ego-depletion. Motivation and Emotion,  37(4), 726-732.
    DOI 10.1007/s11031-013-9356-3
  • Inohara,K., Tsunemi, K., & Kusumi, T.  (2013). Readers' monitoring of time changes goal inferences Psychologia: An International Journal of Psychological Sciences, 56(1) 1-19.
    DOI: 10.2117/psysoc.2013.1
  • Komeda, H., Tsunemi, K., Inohara, K., Kusumi, T., & Rapp, D.N. (2013). Beyond disposition: The processing consequences of explicit and implicit invocations of empathy. Acta Psychologica, 142, 349-355. DOI: 10.1016/j.actpsy.2013.01.002
    Komiya, ,A., Watabe, M.., Miyamoto, Y., &  Kusumi,T. (2013). Cultural Differences in the Action Effect. Social Cognition 31(5) 562-577.
    DOI:10.1521/soco.2013.31.5.56
  • 楠見 孝. (2013). 科学リテラシーとリスクリテラシー. 日本リスク研究学会誌,   23(1) 29-36
  • 楠見 孝. (2013). 心理学とサイエンスコミュニケーション. 日本サイエンスコミュニケーション協会誌, 2(1),66-80.
  • 楠見  孝・平山るみ. (2013).  食品リスク認知を支えるリスクリテラシーの構造:批判的思考と科学リテラシーに基づく検討. 日本リスク研究学会誌,23(3),1-8.
  • Manalo, E., Kusumi, T., Koyasu, M., Michita, Y., & Tanaka, Y. (2013). To what extent do culture-related factors influence university students’ critical thinking use?
    Thinking Skills and Creativity ,  10, 121-132.
    DOI:10.1016/j.tsc.2013.08.003
  • 松田 憲・楠見 孝・細見 直宏・長 篤志・三池 秀敏. (印刷中). 選好に及ぼす呈示回数と背景の影響:自動車と風景画像を用いた検討. 心理学研究,85(3)
  • 松田 憲・楠見 孝・瀬島 吉裕. (2013).  CG で作成された人物の印象形成に外見特徴と背景が及ぼす効果:反復接触に基づく検討. 日本感性工学会論文誌,   12(1) ,67-76.
  • 荻原祐二・内田由紀子・楠見孝. (2013). 対人関係におけるコントロール方略が感情状態に及ぼす影響 対人社会心理学研究, 13, 9-14.
  • 都築章子・楠見 孝・鳩野逸生・鈴木真理子. (2013). 米国西海岸地域における科学コミュニケーション実践・連携事例. 科学コミュニケーション, (13) 59-71.
  • Komeda, H., Tsunemi, K., Inohara, K., Kusumi, T., & Rapp, D.N. (2013). Beyond disposition: The processing consequences of explicit and implicit invocations of empathy. Acta Psychologica,, 142, 349-355.
  • 楠見  孝 (2012). 幸福感と意思決定―決定スタイルと自己制御モードの文化差―  心理学評論,55(1),114-130.
  • 楠見 孝・平山るみ・田中優子(2012). 批判的思考力を育成する大学初年次教育の実践と評価 認知科学,19(1) ,69-82
  • Taira, T. & Kusumi, T. (2012). Relevant/irrelevant meanings of topic and vehicle in metaphor comprehension. Metaphor and Symbol , 27(3), 243-257
  • Komiya A, Miyamoto Y, Watabe M, Kusumi T. (2011). Cultural grounding of regret: regret in self and interpersonal contexts., Cognition & Emotion,  25, 1121-1130
  • 楠見 孝 (2011). レトリックと批判的思考:認知心理学の観点から 日本認知言語学会論文集,11,551-558.
  • 楠見 孝・中本敬子・子安増生 (2010). 痛みの比喩表現の身体感覚と認知の構造 心理学研究,80巻,6号, 467-475.付録図表
  • 楠見 孝 (2009). 認知心理学におけるモデルベースアプローチ 人工知能学会誌,24(2),237-244.
  • Komeda,H., Kawasaki, M., Tsunemi, K., & Kusumi, T. (2009). The differences between estimating protagonists' and evaluating readers' emotion in narrative comprehension. Cognition and Emotion, 23(1),135 - 151. 10.1080/02699930801949116
  • Kuramori, M., Iwaki, T., & Kusumi, T. (2009). Emergence of form and function in a visual image combination. Psychologia: An International Journal of Psychological Sciences, 52(1), 50-66.
  • Sugimori, E. & Kusumi, T.   (2009).  Limiting Attentional Resources Influences Performance and Output Monitoring of an Event-Based Prospective Memory Task .  European Journal of Cognitive Psychology , 21(1), 112-128.  DOI:10.1080/09541440802003108
  • 平山 るみ・楠見 孝 (2009). 健康食品の効能とリスク判断に及ぼすサンプルサイズ情報の効果 日本リスク研究学会誌, 19(1),41-46.
  • 唐牛祐輔・楠見 孝 2009 潜在的ジェンダーステレオタイプ知識と対人印象判断の関係 認知心理学研究,.6(2),155-164.
  • Kusumi,T. Komeda H., Kojima T. (2008).  Improvement in Multi-User Communication Systems Using an Avatar's Facial Expression Features. Educational Technology Research, 31, 173-183
  • 楠見 孝・栗山直子・齊藤貴浩・上市秀雄 (2008).進路意思決定における認知・感情過程:高校から大学への追調査に基づく検討 キャリア教育研究,26(1),3-17.PDF
  • 楠見 孝・米田英嗣・小島隆次 (2008).アバターの感情表出機能によるマルチユーザ仮想空間コミュニケーション・システムの改良  日本教育工学会論文誌,31(4),415-424.PDF
  • Sugimori, E. & Kusumi, T. (2008). Relationship between cue word activation and prospective memory performance. Psychological Reports, 102, 317-327. DOI   10.2466/PR0.102.1.317-327
  • Sugimori, E. & Kusumi, T.  (2008).  Output monitoring error: Effects of previously encoded action phrases. Psychologia An International Journal of Psychological Sciences, 51(1),76-88.
  • 猪原敬介・堀内 孝・楠見 孝 (2008). 文理解における文脈制約が下位目標・上位目標・因果的前提の推論に及ぼす効果,認知心理学研究,5(2)、141-152.
  • 森本裕子・渡部 幹・楠見 孝(2008). サンクション行動および公正さの認知における信頼の効果:戒めと報復 社会心理学研究,24(2), 108-119 CiNii PDF
  • 田中優子・楠見 孝 (2007) . 批判的思考の使用判断に及ぼす目標と文脈の効果 教育心理学研究,55(4),514-525.
  • 田中優子・楠見 孝 (2007) . 批判的思考プロセスにおけるメタ認知の役割 心理学評論,50(3),256-269.
  • Kojima, T. & Kusumi, T. (2007) .  Computing positions indicated by spatial terms in three-dimensional space. Psychologia An International Journal of Psychological Sciences,  30,, 203-223. DOI   10.2117/psysoc.2007.203
  • Kojima, T. & Kusumi, T. (2007). Spatial term apprehension with a reference object's rotation in three-dimensional space. Cognitive Processing, published online in Springer (http://www.springerlink.com/content/1612-4782),DOI10.1007/s10339-007-0181-z PDF
  • 小宮あすか・楠見孝・渡部幹 (2007) 個人-集団意思決定における後悔  心理学研究,78,165-172.
  • 平 知宏・中本敬子・楠見 孝 (2007)  比喩理解における親しみやすさと解釈の多様性 認知科学,14(3),322-338.
  • Komeda, H & Kusumi, T. (2006). The effect of a protagonist's emotional shift on situation model construction. Memory and Cognition 34(7).,1548-1556. PDF
  • 松田 憲・楠見 孝・山田十永・西 武雄 2006  サウンドロゴの反復呈示とメロディ親近性が商品評価に及ぼす効果 認知心理学研究,4, 1-13.PDF
  • Kojima, T. & Kusumi, T. (2006) The effect of the extra object on the linguistic apprehension of spatial relationship  between two objects. Spatial Cognition and Computation 6, 145-160. 
  • 伊東昌子・平田謙次・松尾睦・楠見 孝 2006 有能営業担当者と非有能担当者の初回商談にむけた準備行為と商談行為 人間工学,42,305-312.
  • 上市秀雄・楠見 孝 2006 環境ホルモンのリスク認知とリスク回避行動,認知科学,13,32-46.PDF
  • 楠見 孝 (2005).  物語理解における恐怖の生起メカニズム:怪談とメタファ 表現研究,82,17-26.PDF
  • 楠見 孝 (2005).  認知心理学から見た比喩 日本語学(明治書院),24,5月号,26-36.PDF
  • 杉森絵里子・中西政志・米田英嗣・常深浩平・楠見 孝 (2005).  反復呈示と二重課題がアウトプットモニタリングに及ぼう影響 心理学研究,76,244-251.
  • 杉森絵里子・楠見 孝 (2005).  ソースモニタリングエラーにおける質判断と時間判断の検討:時間経過が反応バイアスに及ぼす影響 認知心理学研究,2(1),35-45.
  • Otani, H. Kusumi,T. Kato, K., Matsuda, K.,Kern, R.P. Widner,R. Jr.,Ohta, N. (2005).  Remembering a Nuclear Accident in Japan: Did It Trigger Flashbulb Memories? Memory, 13, (1), 6 - 20.PDF
  • 中本敬子・楠見 孝  (2005).  比喩材料文の心理的特性と分類:基準表作成の試み 読書科学,48(1),1-10.
  • 平山るみ・楠見 孝 (2004). 批判的思考態度が結論導出プロセスに及ぼす影響:証拠評価と結論導出課題を用いての検討 教育心理学研究,52(2),186-198.
  • 松田憲・楠見孝・鈴木和将  (2004). 広告の商品属性と商品名典型性が感性判断と購買欲に及ぼす効果 認知心理学研究,1(1),1-12.PDF
  • 地村弘二・楠見 孝・栗山直子・松岡隆史・中川正宣  (2004). 漢字検索検索課題を支える類似性空間モデル:IsomapとMDSの比較  行動計量学,30(2),199-212. PDF
  • 上市秀雄・楠見 孝  (2004). 後悔の時間的変化と対処方法:意思決定スタイルと行動選択の関連性 心理学研究,74(6)、487-495.PDF
  • 杉森絵里子・楠見 孝 (2003). リアリティモニタリングにおけるソース帰属バイアス:質的判断と日付判断 認知科学,10(4)486-496.
  • Kuriyama,N.,Yamagishi,K.,& Kusumi,T. (2003). Effects of instructions and representation on mathematical problem solving,Psychological Reports, 93,603-609.
  • 松田 憲・太田信夫・楠見 孝 (2003). 偶発学習における潜在記憶のレミニッセンス効果 認知科学,10(2),207-222.
  • 楠見 孝 (2002). インタフェースデザインにおけるメタファ:デスクトップから仮想空間,そして言語への回帰 デザイン学研究特集号:デザインと記号論,10(1),64-73.PDF
  • 楠見 孝 (2002). メタファ研究の総括、21世紀に向けて:認知心理学の立場から 日本認知言語学会論文集,2,268-271.PDF
  • Matsuo, M. & Kusumi, T.  (2002).  Salesperson’s procedural knowledge, experience and performance: An empirical study in Japan. European Journal of Marketing.36(7&8),840-854.
  • 楠見 孝 (2002). 類似性と近接性:人間の認知の特徴について 人工知能学会誌, 17(1),2-7.PDF
  • 楠見 孝 (2002). メタファーとデジャビュ 言語, (2), 32-37.PDF
  • 駒崎久明・楠見 孝 (2002). 洞察問題解決における表象変換と制約緩和:マッチ棒代数課題の反復試行による検討 認知科学,9(2), 274-284.
  • 栗山直子・上市秀雄・斎藤貴浩・楠見 孝 (2002). 大学進学における進路決定方略を支える多重制約充足と類推 教育心理学研究,49(4), 409-416.
  • 都築誉史・河原哲雄・楠見孝 (2002). 高次認知過程に関するコネクショニストモデルの動向 心理学研究, 72(6), 541-555.
  • 杉村和枝・楠見孝 (2000). 多義動詞「ひく」の意味派生を支えるイメージスキーマの変容 表現研究, 71,27-34.
  • 松尾睦・楠見孝・吉野有助 (2000). チーム営業を支えるリーダーの知識:広告会社における定性分析 マーケティングジャーナル, 19(4), 20-38.
  • Sugimura, K. & Kusumi, T. (2000). A container image schema and polysemous meaning in Japanese verb. Japanese Society, 4, 65-80.
  • 上市秀雄・楠見孝 (2000). 後悔がリスク志向・回避行動における意思決定に及ぼす影響:感情・パーソナリティ・認知要因のプロセスモデル 認知科学, (2), 139-151.
  • 楠見孝 (1999). 中間管理職のスキル,知識とその学習 日本労働雑誌(日本労働研究機構), 41(12), 39-49.
  • 寺尾敦・楠見孝 (1998). 数学的問題解決における転移を促進する知識獲得について 教育心理学研究, 46(4), 472-483.
  • Matsuda, N., Ihara, J. & Kusumi, T. (1994). Belief, preference and willingness under uncertainty. Japanese Psychological Research, 36(1),29-40.
  • 楠見孝 (1994). 不確実事象の認知と決定における個人差 心理学評論, 37(3), 337-366.PDF
  • 楠見孝 (1994). 比喩理解における主題の意味変化-構成語間の相互作用の検討 心理学研究, 65(3), 197-205. PDF
  • Kusumi, T. (1987). Effects of categorical dissimilarity and affective similarity of constituent words on metaphor appreciation. Journal of Psycholinguistics Research, 16(6), 577-595..PDF