倪 楠(NI, Nan) D2

2021.6.23更新
ni.nan.77catst.kyoto-u.ac.jp

研究領域

私たちを取り囲む生物・社会環境に柔軟に適応するためには,様々な認知機能が必要となります。そのため,認知機能を高めることで環境に対する適応を高める試みが長年に亘って続けられてきました。しかし,これまでの研究では,認知トレーニングの効果について一貫した結果が得られていません。私は,ワーキングメモリを含む認知機能のトレーニングを中心に研究を行い,トレーニングによる認知機能の変化のメカニズムを解明し,新たな認知トレーニング理論の提案を目指しています。

研究業績

学会発表
    【国際学会・口頭発表(査読有)】
  • Ni, N., Gathercole, S. E., Norris, D., & Saito, S. (2021). The Asymmetry of Negative Transfer Effect in Working Memory Training. Association for Psychological Science Virtual Convention Flash Talk, May 26-27.
    【国際学会・ポスター発表(査読有)】
  • Ni, N., Gathercole, S. E., Norris, D., & Saito, S. (2021). Potential Negative Effects of Working Memory Training: A Replication. Experimental Psychology Society Online Meeting, University College London, January 6-7.
  • Ni, N. (2020). The Effects of Word Form Compatibility in Chinese and Japanese Lexical Decision Tasks. Association for Psychological Science Poster Showcase, June 1–September 1.
【国内学会・ポスター発表】
  • 倪楠. (2020). The Masked Translation Priming Effect with Isomorphic Kango in Non-proficient Chinese-Japanese Bilinguals. 第10回 Society for Tokyo Young Psychologists E-Presentation, 早稲田大学, 3月15日.
その他
【研究会など】
  • Ni, N., Gathercole, S. E., Norris, D., & Saito, S. (2021). Negative Cross-phase Transfer in Working Memory Training. こころの科学ユニット「こころの科学研究者大交流会」, 京都大学, 2月20日.
  • 倪楠. (2020). The Effects of Word Written Form Compatibility in Chinese and Japanese Lexical Decision Tasks. 心の先端研究ユニット「若手研究者交流大会」, 京都大学, 2月16日.
【受賞歴】
  • 倪楠. (2021). 京都大学教育学部同窓会(京友会)国際賞.
【研究助成金】
  • 倪楠. 京都大学教育学部同窓会(京友会)研究助成事業 令和3年度.
    倪楠. 京都大学大学院教育学研究科グローバル教育展開オフィス 2021年度国際学会発表支援.