石黒 翔(ISHIGURO, Sho) 助教

2022.1.6更新
ishiguro.sho.grocioatgmail.com

研究領域

贈り物をする際には、相手の好きなものや嫌いなものを思い出すことによって、適切な贈り物を選ぶことができます。このように、社会的な活動においては、記憶が重要な役割(機能)を果たすと考えられます。記憶機能が実現する社会的な活動と記憶機能を支える認知のアーキテクチャに焦点を当てることで、日常生活を射程に入れた記憶研究を行うことを目指します。

研究業績

論文
【査読あり】
【プレプリント(査読前原稿)】
  • Ishiguro, S., & Saito, S. (2020, December 28). Whether and how semantic similarity impairs short-term memory: A test with a new index of semantic similarity. https://doi.org/10.31234/osf.io/va5js
【学位論文】
  • Ishiguro, S. (2020). Social working memory: A cognitive basis for retention of person information. 京都大学大学院教育学研究科博士論文. 
  • Ishiguro, S. (2017). The influence of task related person representation on working memory performance. 京都大学大学院教育学研究科修士論文. (未刊行) 
  • 石黒翔 (2015). 親密な他者をイメージすることが文章理解に与える影響 ―小学生高学年を対象として 京都大学教育学部卒業論文. (未刊行)
学会発表
  • 石黒翔・柳岡開地・中山真孝・上田祥行・齊藤智 (2021). 制御スケジュールの学習:規則性へのアウェアネスと課題成績の関係, 日本ワーキングメモリ学会 第18回大会, Online, 12月11日. 【口頭発表】
  • Ishiguro, S., Yanaoka, K., Nakayama, M., Ueda, Y., & Saito, S. (2021). “Control schedule learning: An exploratory examination with the Multi-Source Interference Task", Experimental Psychology Society meeting, EPS Online, July.【ポスター発表】
    https://www.youtube.com/watch?v=RGFGq8j2It8
  • Ishiguro, S., & Saito, S. (2021). “The detrimental effect of semantic similarity on immediate serial recall", Experimental Psychology Society meeting, EPS Online, April.【ポスター発表】 https://www.youtube.com/watch?v=eJy-N9poAZc
  • Ishiguro, S., & Saito, S. (2020). “Does the Semantic Similarity Have a Detrimental Effect in Short-Term Memory Tasks?”, Psychonomic Society's 61st Annual Meeting, Virtual Meeting.【ポスター発表】
  • 西山慧・石黒翔 (2019). Googleサービスを用いた半自動実験参加者募集システム,日本認知心理学会第17回大会,京都テルサ,5月25-26日.【ポスター発表】 
  • 柳岡開地・河村悠太・石黒翔・平岡大樹・西山慧・阿閉誠・奥野圭祐・齊藤智 (2019). 心拍変動を通して目標無視の機序を探る,日本認知心理学会第17回大会,京都テルサ,5月25-26日.【ポスター発表】 
  • Ishiguro, S., & Saito, S. (2018). “The organization effect in the reading span task: When and how it occurs?”, Psychonomic Society's 59th Annual Meeting, New Orleans, U.S.A.【ポスター発表】 
  • 石黒翔・齊藤智 (2018). 日本語のモーラ数を計数するシェルスクリプトプログラムの提案. 認知心理学会第16回大会, 大阪, 2018年9月1日. 【ポスター発表】 
  • 河村悠太・石黒翔・西端和志・星野春香・山下環奈・渡邊智也・楠見孝 (2017). 日本語版道徳アイデンティティ尺度作成と妥当性の検討. 日本心理学会第81回大会, 福岡, 2017年9月20日-22日. 【ポスター発表】 
  • Ishiguro, S., & Saito, S. (2016). “The effect of context provided by a person on reading span performance”, Psychonomic Society's 57th Annual Meeting, Boston, U.S.A.【ポスター発表】 
  • Ishiguro, S., & Saito, S. (2016). “The influence of the representation of a person on a reading span test”, 31st International Congress of Psychology, Yokohama, Japan.【ポスター発表】 
  • Shirasuna, Y., Hiraoka, D., Ishiguro, S., Himichi, T., Yanaoka, K., & Kusumi, T. (2016). “The effect of perspectives and time-intervals on evaluation of inconsistent behaviors”, 31st International Congress of Psychology, Yokohama, Japan.【ポスター発表】 
  • 石黒翔・齊藤智 (2015). リーディングスパン課題における人物表象の影響, 日本ワーキングメモリ学会第13回大会, 京都.【口頭発表】
その他
【研究助成】
  • 日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究 2021年 - 2025年
    日本学術振興会特別研究員 (DC1) 2017年 – 2020年
【受賞歴】
  • 日本ワーキングメモリ学会第13回大会優秀発表賞